• ホーム
  • β遮断薬のメインテート!その効果と用法・容量

β遮断薬のメインテート!その効果と用法・容量

患者を診ている医者

高血圧や狭心症、不整脈、慢性心不全などに対する治療薬としてメインテートが用いられることがあります。

メインテートはビソプロロールを主成分とした薬でありβ遮断薬に分類されていますが、以下にβ遮断薬としてのメインテートの効果について挙げていきます。

まず身体において心臓の働きと血圧は密接に関係しており、通常であれば運動などで身体活動が高まると組織や細胞への栄養供給の必要性から血流量が増加します。

より多くの水分を含む血液の量を循環させるために心拍数が多くなると、それに伴って血管に対して血液(水分)による圧力がかかるために血圧上昇が生じます。

このメカニズムには交感神経の受容体が関与しており、その受容体のひとつにβ受容体があります。

因みにβ受容体はβ1とβ2の2種類があり、前者は心臓に後者は気管支に存在しています。

その働きは身体的活動性が高まるとアドレナリンがβ受容体に結合して心拍数を増加させてより多くの血液が送り出されるようになります。

すなわち心拍数の上昇と相対的な血圧上昇が生じてきます。

これに対してメインテートは上記に挙げた心臓にあるβ1受容体にアドレナリンが結合することを阻害あるいは遮断することによって心拍数の上昇を抑制していきます。

この作用機序からメインテートがβ遮断薬と言われている所以です。

そして具体的な効果としては、このように主として心臓への作用により心拍数上昇を抑えることです。

例えば狭心症では冠動脈が狭くなっているところに心拍数が上昇すれば血管への負担から胸痛や動悸などの発作が生じやすくなりますが、心拍数上昇を抑制することでこうした狭心症発作の軽減や予防効果を発揮します。

また頻脈などの不整脈は心臓の拍動が過剰に増えることに伴い1回の拍動の力が弱まって血液供給不足に繋がり動悸などの症状が現れやすくなりますが、心拍数上昇を抑えることでこうした症状を改善する効果をもたらします。

さらに心拍数上昇を抑制することは相対的に血圧上昇を抑制することにも繋がることから、高血圧に対する降圧効果も期待できます。

このようにメインテートは心臓のβ1受容体に対して選択的に作用して心拍数上昇抑制および血圧上昇抑制をもたらすことから、狭心症や不整脈、高血圧に対する降圧効果を併せ持つ治療薬であると言えます。

メインテートの用法と容量について

上記のような作用効果を持つメインテートの用法と容量についてですが、まず錠剤であるメインテートは主成分のビソプロロールの含有量によって0.62mg、2.5mg、5mgの3種類があります。

またメインテートは基本的に1日1回の服用で作用効果が24時間持続する特徴がありますが、用法や容量は疾患や症状により異なっています。

例えば高血圧や狭心症に加えて慢性心不全など各々異なる点があるため以下、具体的に挙げていきます。

軽症~中等度の高血圧や狭心症、心室期外収縮がある場合には通常、成人は1回5mgを1日1回服用しますが、疾患や症状、年齢により適宜増量します。

慢性心不全の場合では通常、成人は1回0.625mgを1日1回服用することから開始して2週間以上継続していきます。

服用して問題が見られなければ1回1.25mgに増量して1日1回服用することになります。

その後4週間以上の間隔を空けると段階的に増量していくことも可能ですが、症状によって適宜減量することもあります。

なお薬の増減は段階的に行うことが重要となっています。

1回の服用量は0.62mg、1.25mg、3.75mgもしくは5mgのいずれかを1日1回服用することとなっています。

慢性心不全の維持期である場合の用法、容量は通常、維持量として1回1.25mg~5mgを1日1回服用することになっています。

なお薬の効果によっては適宜増減することがありますが、その際には1日1回5mgが最大服用量とすることになっています。

その他にも頻脈性心房細動に対する用法、容量については通常、成人は1回2.5mgを1日1回服用することから開始しますが、効果が不十分である場合には増量して1回5mgを1日1回服用します。

なお症状や年齢により適宜増減しますが、その際には1日1回5mgを最大服用量とすることになっています。

関連記事
人気記事一覧